DCCディープチェンジクレアチンサプリ 効果的な飲み方

MENU

DCCディープチェンジクレアチンの効果的な飲み方はこんな感じ

「DCCディープチェンジクレアチンには筋力アップに有効な成分がたくさん配合されていますが、その成分を活かす効果的な飲み方を理解すれば筋力アップの道も近い気がしてます」

 

多くのアスリートが愛用している「DCCディープチェンジクレアチン」。雑誌にも取り上げられ話題となりました。やはり愛用している方は、日ごろから筋トレしている方が多いようですね。そのサポートとしてDCCディープチェンジクレアチンを使用している方が多いようです。

 

では、効果的な飲み方ってあるのでしょうか?知りたがり屋の私が調べてみました。

 

目的別に合う効果的な飲み方

先ず成分から見て 商品名がクレアチン含有食品となっております。一番最初に来る原料が含有量が多い成分なので、間違いないですね。

クレアチンの効果は?

アミノ酸の一種であるクレアチンは筋肉に働きかけることによって、筋力のパフォーマンスを向上させたり、筋力トレーニングの持続時間を長くすることが可能になる。また筋肉が太くなる効果が認められています。

目的によっても違いがみられる

クレアチンの効果を発揮させる飲み方があります。食後に使用する:糖質を摂取した後にクレアチンを用いると体内でインスリンが分泌され細胞中へ取り込まれます。なので、食後に用いるとインスリンが分泌されるときに飲むとクレアチンの吸収率が高まります。

同時に水分も

クレアチンは水となじみやすい性質を持っています。クレアチンが体内に入ってくるとそれに加えて必要な水分を増やさなくてはいけません。水分不足にはお気を付けください。また水分に糖分が入っている飲み物の方が、筋肉に働きかける効率が良くなります。(1日2リットルは飲んだほうが効果的です)

 

トレーニング直前・直後も効果的:トレーニング開始1時間前はトレーニングパフォーマンスをよくし、トレーニング直後もクレアチンが体に吸収されやすいタイミングです。あとクレアチンを摂取するとお腹がゆるくなる方もいらっしゃいますが、そんな時は小分けにして飲む方法もあります。

 

クレアチンに次ぐアミノ酸BCAAの飲み方のタイミングも逃せない

DCCディープチェンジクレアチにはBCAAも配合されております。

BCAAとは

バリン・イソロイシン・ロイシンの総称でもあり、必須アミノ酸のことです。これは体内では作られず食物で補う必要があります。バリン・イソロイシンは筋肉を作る役割を果たします。ロイシンは筋肉を維持する役目をします。

 

BCAAを効果的にする飲み方

トレーニング開始30分前が目安

トレーニング中にBCAAが吸収され、筋トレのパフォーマンスを持続できる。トレーニング後の疲労が減る。簡単にまとめてみますと、トレーニング30分前、トレーニング中、トレーニング直後30分以内にBCAA。食後にクレアチンが理想的です。

 

そして、大事なのは毎日飲み続けること。飲み方は分からない場合、サポートデスクに連絡して専門スタッフからアドバイスも受けられます。またサプリを飲み忘れがちな人に朗報!こんなアプリを活用してもいいかもしれません。

 

薬飲み忘れ防止アプリ(iPhone,iPad)「お薬ノート」、薬飲み忘れ防止アプリ(アンドロイド)「メディセーフの薬リマインダー」

 

早くて1か月で効果が見られた方もいますが、まずは3カ月続けてみてください。以上DCCディープチェンジクレアチンの効果的な飲み方のお話でした。

 

>>DCCディープチェンジクレアチンサプリの最安値はこちら